ポンコツアラフォー日記

アラフォーキャリア、歯科衛生士目指して再出発。

初めて褒められた仮封

とにかくどうも実習が苦手で、

散々補講に補講だった私。(ご存知の通り)

先日も仮封補講で、ノンビリやっていたところ

「よく見えん…」

仮封とは、

歯を削り、次回に持ち越しするときに

仮の蓋をしておかなきゃ大変ですよね。

あの仮の蓋をすることです。

 

いよいよ老眼が出始めたらしく、

スケーラーやってもワタシ凄い姿勢が良い!

(見えないの、近いと)

そこで、先生がLEDライトをつけてくださった所…

 

超見えるっ!!

 

感激な程見えました。

光大事!

ただ歯科はあの無影灯のおかげで本当に

老眼が進むのだそう。もはや

職業病だそうです。

ただ見えるって本当にやりやすい。

そして、ちょこちょこ仮封をやっていたら…

 

凄い綺麗!元の歯みたい!

 

ほ、ほ、褒められたっ!!!

 

まじか!

クリコちゃん、美術得意だった?と問われ

うむー、たしかに描いたり作るのは好きだ!

 

というわけで、仮封、もうやれますっ!(^^)v

(調子ぶっこき中)

スケーラー実習始まる

とうとうスケーラー実習が始まりました。

スケーラーは、当然皆初めて。

わたしのポンコツさが目立たずに済む?授業になってきました!

だからといって、別に余裕にやってる訳ではないですが(*´∇`*)

 

執筆法変法という独特の持ち方と、

薬指を抑え指にするやり方をすると

小指がピーンとなっちゃったりと

なかなか苦戦(笑)

 

二週間後、実技試験があるんだけど

受かる気しない…(*´◒`*)

献体と小心者なわたし

脳死時の内臓移植は、たくさんの人の沢山の思いや意見があると思うので、

どれもわたしは正解だと思っています。強制されるものでもないし、押し付けられるテーマでもないし。

 

その上で、私個人の話。

万が一自分脳死で臓器提供出来るかなぁ、

と常々考えて来た。

なーんて書くとカッコいいけど、本音は

脳死に至ってまで切られるのはちょっと…

という、完全に小心者(汗)

 

ところが学校に、入って

いかに自分が小さい人間か思い知らされる事態が!!!

 

献体

 

我々医科従事者は献体無くして、勉強なし、

な訳だが、献体とは言え見ていて申し訳なくなる。皮膚を取り、筋肉を取り

神経の通り方を見る。

歯の矢状面切断(縦に真っ2つ)、

歯のシャーピー繊維(歯と下顎骨のところの繊維)ともぅ、言葉悪いが「やりたい放題」。

いえ、決してやりたい放題ではなく

研究、勉強のためのものなのでありますが、

そう言った方が見た事がない方には伝わりやすいでしょう。

 

解剖の世界においては、約半数の大学の先生は献体されるのだそうですが、これも減ってるそうです。

献体するとお葬式も出してくださるそうですが、実際のところお骨あげまでして戻されるのだそうで、昔は「何でだ?」感謝の意か?

と思ってましたが、

勿論それが主たる理由ですが、

とてもでないけど、ご遺族が見るには忍びないからでは?と下世話なことを考えてしまったり…

 

兎にも角にも、わたしは小心者なので

臓器提供すら怖くて、なのに

献体とはもう尊敬どころか神様仏様の域。

感謝の念で勉強させていただいています。

そんなに心の広い人間は

どうやって作られるのかしら…

それはどうやって学べるかな…

 

ボールがラバーボールになってた!

このところ下手すぎる私はひたすら

アルジネート印象材を、練る練習をしていました。

練っては印象、石膏の繰り返し。

とにかく下手すぎるのよ(笑)

遅い!

飛ばす!

混ざらない!

[遅いから気泡は入ってない]

印象を取る頃には硬い!(おい)

 

丸々90分くらいはやらせてもらってようやく

人並み。

 

そしたら次の日ホットケーキを焼こうと

「粉が先」「水ポケット作る」

泡立て器を「掌握状」に持ち?

卵と牛乳をいれて、一気に練和!!(え?)

 

気づいたらボールが横向いてました。

もう少しで脱泡し始めるところだった〜

いやー、慣れって恐ろしい。

良かったよ、歯の印象取らなくて(笑)

 

そういえば歯と打つと🦷の絵文字が出るのですが、これ、明らかにおかしい形だよねぇ。

2根管なわけだから、3咬頭じゃないか?

しかも根管とのバランスが悪すぎる?

と思ってたら、角先生が

これじゃ抜け落ちる、って指摘してました。

変なところ気になるようになっちゃったなぁ。

 

今日の内視鏡検査の喉の表面麻酔は、

キシロカイン8%スプレーでした。

うぉー、効いた!

鼻レーザー2019

さて、去年散々な目に遭ってしまった鼻レーザーだが、

マスク一本で乗り切れてしまった為

うっかり?また乗り込んでしまったのだ。

 

今年はいきなり麻酔の同意書を求められた。

キシロカイン4%とアドレナリンだそう。

正直去年書いていないので、去年から変わったのかわからない。

でも口腔外科の授業によると、外来治療で

2%以上を使うのは、歯と出産時の会陰切開だとか?! 

学校で友達に話すも、「濃いよねー」と。

 

キシロカインを吸入し始めると、

お?たしかに今年はなんか凄い。

この時点で前歯まで麻酔が効いている!!

前歯にくる神経に効いているということか!

どこだっけ?(と解剖学を思い出しながら

キシロカインを吸う)

 

その後ガーゼを鼻に詰められて(アドレナリン)レーザー開始。

実は美容専門の友人から、鼻毛を切っていった方が痛くない!脱毛と一緒だから、とアドバイスを受けていたため、旦那の秘儀、鼻毛カッターを使って念入りにお手入れもしていた。

鼻の下鼻甲介のあたりに照射って書いてたから、鼻の中の下の骨あたり念入りに。

その為か?

お??痛くない!!

 

と、余裕かましていました。

が!

ある時、レーザーが、喉頭鼻部へ直撃!

うげっ。

むせるむせるむせるむせる。

あまりにむせ過ぎて、涙がちょろちょろ。

看護婦さんにティッシュを渡される始末。

この後も痛いのは喉頭鼻部への直撃時だけで、痛みは全然楽々。

むせて長いなぁ、と感じたものの

楽に今年のレーザーは終わりました。

 

術後も、痛み止めを早めに飲み、

午後昼寝などしながら様子を見ていたところ、

昼寝から起きたらもう鼻が痒くなり

夕飯食べてセレスタミンを飲むなど、

昨年より俄然進みが早いです。

鼻血も出ません。

去年のはなんだったんだ??

 

期待すべき来年は喉頭鼻部を直撃しないで

あれ?だという間に終わって欲しいなぁ。

ちなみに、表面麻酔とアドレナリンだけで

眠くて落ちそうだったのはこの際秘密に

しておきます。

土曜日の胃カメラキシロカインスプレー、倍増でお願いしたいのですが…

 

専門知識が増えた今年。色々わかるようになった!(これ本当)

ラバーダム筆記試験

台風前日夜、ラバーダム防湿の筆記試験が

ありました。

正直その日は、朝から買い物やらベランダ片付けやら、紐で縛ったりやらでもぅヘトヘト。

勉強どころではなく、とりあえず大事なところを覚えて臨みました。

 

追試決定(涙)

 

器具の名前出るって言わなかったじゃん〜

「試適」「鉤着」「装着」「括約」

なんて覚える必要ある??

試す、付ける、はめる、くらいでよく無い??

 

このあたりの言葉がことごとく書けず、追試。

がっくし。

 

ちなみに鼻呼吸出来るか、とか

フレーム装着位置とか、やり方の順番とか

間違えてはマズイところはちゃんと

覚えてたのにー(ToT)

 

言い訳でしか無いので、覚えて追試に臨みます。でも鉤着と装着、意味的にどう違うのか

辞書にも載ってないし、私には理解できーん!

(どなたか教えてくださいー)

 

ちなみに前期試験はオール一発合格。

ふー。

取ってよかった、取るべきだった大学単位

専門学校にも「単位認定」ってのがあります。
大学やその他専門学校で学んだ単位を認定してくれるのです。
でもちょっとこれ固くって、文科省のルールで
民間の資格とかは一切だめ。ちゃんと学校で学んだものだけです。

 

よって・・・私の場合
心理学やらアナウンスとかやったのでその辺の認定と
大変よかったのは猛烈にやった「英語」。
まぁこれに関してはTOEICも取ってるし別に英会話にも
通っているので正直ほんとに要らない。
仕事でも使っているし、これからの皆さんは
全然私以上にできる人が多いでしょうが、やっておくのを
オススメします。特に会話。
日本人は話せない人多いですが、正直大卒の人、絶対話せる!
と私は思う。(チャンスに恵まれていないだけで)

逆に大変取らずに後悔しているのが・・・「情報処理」
何を隠そう20年以上もIT業界にいながら、
情報処理の単位取ってないんです。
その当時、PC-98の古いマシンでさー・・・やる気にならなかったのよねぇ
(言い訳)。

その後、資格の情報処理とか、MS系の認定SEやOfficeの資格など
取るわけですけども、文科省ではないので一切却下。
というわけで、
私・・・情報処理を受講中です・・・・(涙)

一番左上のマスを「セル」といいまして・・・むにゃむにゃ・・・

「今の」本職ですからねぇ、4回分の課題とか3分で終了ですが、何か。

電子カルテシステムなんてのが導入されていて
データが「登録」されて「検索」されて、それと会計が「連動」して・・・
とかなんてなぜ覚える必要がある?私みたいに
システム提案しない人にそんなの覚えさせても仕方なくない?
とか心の中で大変に突っ込みつつの90分。マジ苦痛。(本音)

おそらくは先生だって、まさかの20年選手を前にそりゃーもう
やりづらいことこの上ないよねぇ・・・(苦笑)

人生振り返ってみると、その時の気分で選んで失敗したなぁってことありませんか?
私の一番の失敗は
私理系だった、ということに気づくのが遅すぎ。
(20年IT、そして今は歯科。理系以外の何物でもない)
当時高校の物理の先生大嫌いで(部活の顧問だったんだけど)
物理イヤで、理系外したこと。
化学だって、あのアミノ基とかわからん~ってなって理系はだめだって
思ったのに、まさかのこの年でそのサボリを回収してますからね・・・( ゚Д゚)

第二の失敗は情報処理を取らなかったことのような気がします。
PC-98、確かに今となっては何それ?ですが
やっといたらやっといたでIT業界では使えたかもしれない・・・。
ちなみにNobellは持ってる。(知らないよねぇ、ノベル)

人生きっと無駄はないようにできている。
そしてサボリは回収させられる。(`・ω・´)キリッ